ご存知だったでしょうか歯医者さんにも様々な種類があることを

歯科医院の中にはさらに専門とする診療を行う所もある

局所麻酔を行い眠っている間に

局所麻酔を行い眠っている間に、歯科治療を行うことが可能な静脈内鎮静法を使用することにより、リラックスした状態で治療を受けることができます。
痛いには嫌いだという方は、遠慮せずに仰ってください。
最善の麻酔方法を行いますので、安心して治療を受けていただけるように患者さんの痛みや不安を極限までなくすということに全力を注ぎます。
歯科の局所麻酔については、注射なので最初はどうしても「チクッ」とするでしょう。
当院においては、塗るタイプの表面麻酔薬を用いることにより、針の痛みも感じなくなり、表面麻酔は針を使用しないため痛みは全くありません。
表面麻酔薬についても、使用するケースや部位に応じていくつか用意しているため、リラックスして治療を受けることができるでしょう。
局所麻酔に使用する針は、通常物よりさらに細い極細針を使用しているため、針を刺す抵抗値が低く、チクッとした痛みや不快感を感じさせません。

水鉄砲のように麻酔液を噴射させる

注射針を使用せずに、麻酔を行うことが可能な無痛麻酔器を用意しています。
これは、高圧力のジェット噴流により麻酔薬を歯肉に浸透させるという「針が無い注射器」です。
水鉄砲のように麻酔液を噴射させることにより、針を刺すことなく使用する局所麻酔は、霧状の麻酔剤を圧力のみで歯茎の粘膜下まで浸透・拡散することが可能です。
しぶきが当たるという感覚はあるのですが、痛みについてはほとんど感じません。
コンピュータ制御の電動麻酔器を使用することにより、麻酔薬の注入速度を抑えて痛みを軽減することが可能でしょう。
注入する際に、麻酔薬が冷たいと痛みを感じるということはありますが、徹底した温度管理により体温に極めて近い温度の麻酔薬を使用しています。
当院においては、安心して治療を受けていただくために、日本麻酔科学会専門医の監修の下で「静脈内鎮静法」を併用した治療が可能となっています。


この記事をシェアする