ご存知だったでしょうか歯医者さんにも様々な種類があることを

治療内容や専門性の度合いにより分けられている

小児歯科や矯正歯科などの区別はなかった

一般歯科については、歯周病の治療や虫歯の治療などにより多くの患者さんが受けることが可能な一般的な治療のことを指します。
一般歯科においては、保険適用内による治療が多いため、一般歯科を保険診療と思っている方もいるのですが、一般歯科においてもかぶせ物や詰め物の材質によっては保険適用外になることもあるでしょう。
最近までは、小児歯科や矯正歯科などの区別はなかった、歯の治療は全て一般歯科で行うということが一般的だったのですが、現在は患者さんの希望や治療の目的により、治療方法も多様化して、歯医者さんもそれに合わせて専門的な治療が可能な歯科医院が増えてきています。
各科の区別においても、そのような需要から分かれていき、従来よりも専門性が高い治療を受けられるようになっています。
通常の虫歯治療などは、矯正歯科や口腔外科と区別するために、一般歯科としています。 

口の中の状態や歯の生え方には個人差がある

現在は、歯科医院の看板に掲げても良いとされているのは、一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科の4種類となっています。
一般歯科以外については、それぞれ単独で開業が可能な専門歯科です。
小児歯科は小児科の病院と同じで、子供を対象とした歯科治療を行い、成長に合わせ治療を行う事を専門としているため、大人の治療は行いません。
矯正歯科は、歯並びを気にする方が増えてきているため、知られるようになりました。
虫歯予防のために、矯正治療を行う事を勧められていますが、口の中の状態や歯の生え方には個人差があるので、専門性の高い治療といえるでしょう。
口腔外科は、口の中の腫瘍やガンなどに対する治療を行ったり、歯茎に埋まっている親知らずを抜くという少し困難な治療を行う事を中心としています。
顎関節症やインプラント治療などは一般的な知識だけではなく、専門的な知識や手術を行う技術、全身を管理する事が可能な設備が必要となります。


この記事をシェアする